2017/09/23 18:38

【映画コラム】人はその才能でこそ判断されるべき『ドリーム』

(C)2016 Twentieth Century Fox
(C)2016 Twentieth Century Fox

 1960年代初頭、NASA(米航空宇宙局)に勤める3人の黒人女性が、有人宇宙飛行(マーキュリー)計画に多大な貢献を果たした事実を描いた『ドリーム』が9月29日から公開される。

 1961年、米ソの宇宙開発競争が加熱する中、バージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所には、ロケットの打ち上げには不可欠な計算を行う黒人女性たちのグループがあった。

 天才的な数学者キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は、宇宙特別研究本部のメンバーになるが、白人男性だけのオフィスの環境は劣悪そのもの。黒人女性用のトイレすらなかった。同僚のドロシー(オクタビア・スペンサー)とメアリー(ジャネール・モネイ)も、黒人故にたびたび理不尽な目に遭う。だが、3人は決してめげることなく努力し、新たな扉を開いていく。

 かつて、マーキュリー・セブンと呼ばれた宇宙飛行士たちを描いた『ライトスタッフ』(83)という名作があったが、本作は“裏『ライトスタッフ』”とも呼ぶべき、知られざる事実を掘り起こした。だから原題の「Hidden Figures」には、「隠された人たち(数字)」という二重の意味がある。また、両作を結ぶキャラクターとして、アメリカ初の地球周回軌道を飛行したジョン・グレン(グレン・パウエル)が登場するのも見どころだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >