2017/10/01 20:50

「徳川四天王まではい上がっていく万千代役に、やりがいを感じます」菅田将暉(井伊万千代/井伊直政)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

井伊万千代/井伊直政役の菅田将暉
井伊万千代/井伊直政役の菅田将暉

 たくましい若者に成長した虎松が“井伊万千代”と名を改め、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。井伊家再興の第一歩を踏み出したものの、草履番から始まるその道のりは険しい。後に徳川四天王の1人、井伊直政へと出世していく万千代を演じるのは菅田将暉。初めて経験する大河ドラマの現場で感じたこと、今後への意気込みなどを聞いた。

-撮影が始まって、今の手応えはいかがでしょう。

 最初はしぐさや所作などに慣れるのが大変でした。お辞儀一つ取っても、首からではなく胸からするなど、当たり前のことをやっていくことで、所作指導の先生からも「やっとお辞儀がきれいになったわね」と言われるようになりました。まだまだ学ばなければいけないことはたくさんありますが、今は一通り体になじんできたという感じです。

-初の大河ドラマ出演になりますが、現場の空気も出来上がっている中で、初めて撮影に臨まれた時のお気持ちは?

 すごく緊張しました。途中参加はやっぱりやりにくいですし、覚えることや慣れることが多かったので。でも、今まで感じたことがないぐらい皆さん本当に仲良くて明るくて、ものすごく“ウェルカム”という感じで迎えてくれました。顔見知りの面白いおじさんたちもたくさんいるので、今は毎日楽しいです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >