2017/09/29 10:34

蒼井優、松坂桃李の“ゲス男”ぶり絶賛 「こんな薄いせりふをよく真顔で言えるな」

自分勝手で嫌な女を演じた蒼井優
自分勝手で嫌な女を演じた蒼井優

 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の完成披露試写会が28日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が登壇した。

 本作は沼田まほかる氏の人気ミステリー小説を映画化。クレーマーで自分勝手で嫌な女・十和子を演じた蒼井は、観客への初お披露目に「ワナワナしています」と苦笑い。自身の演じた役を「演じれば演じるほど最低」と振り返り、「でも(松坂、竹野内など)自分より最低な人が出てくるからちょっと救われてみたり…。本当にクズ合戦みたいな感じでした」と笑わせた。

 そんな嫌な女・十和子に異様な執着を見せる不潔で下劣な男・陣治を演じた阿部は「(現場で)すぐ汚されるんで、もうどうでもいいかなって。落ちたお弁当も平気で食べていました」とあっけらかん。「水虫設定」で爪をガタガタに見せるために「初めてネイルを温める機械に手を入れた」といい、「それで買い物に行ったら、(店員に)2度見されました」と切ないエピソードも語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >