2017/10/03 17:29

山田涼介、実写『ハガレン』完成に自信たっぷり 「とんでもない作品が生まれた」

山田涼介と共に会見に出席した(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、本田翼、ディーン・フジオカ
山田涼介と共に会見に出席した(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、本田翼、ディーン・フジオカ

 映画『鋼の錬金術師』完成報告会見が3日、東京都内で行われ、出演者の山田涼介(Hey!Say!JUMP)、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子と曽利文彦監督が出席した。

 本作は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄エドと弟アルの波乱に満ちた冒険と成長の物語を描いた、荒川弘氏による同名漫画を実写映画化。

 エドワード・エルリック役の山田は、演じた役柄と同じ金色に染めた髪について「この作品に対する、自分なりの思いが少しでも伝わればいいなと思って。今日のために染めてきました」と明かした。

 撮影から約1年、邦画史上最大規模のVFXと新技術を取り入れての完成に「自分で言うのもなんですが、日本映画からとんでもない作品が生まれたなと僕自身思っています」と自信たっぷり。

 「素直に、すごいものを見ちゃったなという感覚。初めて『ハリー・ポッター』を見た時のような、これが日本でできちゃうんだという衝撃がありました」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >