2017/10/04 17:47

佐藤祐基「頭も心も体もフル回転」 細貝圭と“いびつ”なきょうだいを熱演

(左から)佐藤祐基、加藤虎ノ介、細貝圭
(左から)佐藤祐基、加藤虎ノ介、細貝圭

 舞台「オーファンズ」の稽古場取材会が4日、東京都内で行われ、出演者の細貝圭、佐藤祐基、加藤虎ノ介、演出を手掛けるマキノノゾミ氏が出席した。

 本舞台は、「蝕まれた心が愛によって癒されていく」というテーマで書かれた、ライル・ケスラー脚本による3人芝居。1986年の日本初演では市村正親が主演を務めた。

 今回、物語の中心人物、フィラデルフィアの廃屋で暮らす身寄りのない兄弟を演じるのは細貝と佐藤。そこに、加藤演じるやくざ者のハロルドが迷い込み、彼もまた身寄りがなかったことから、3人に疑似家族のような日々が訪れ、物語が展開していく。

 凶暴な性格の兄トリート役の細貝は「すぐキレるし感情のアップダウンが激しくて常に気を張っている人間。マキノさんからは『常にビートを刻んでいろ』と言われました」と役作りの一端を紹介。「翻訳劇でもこれは読みやすくてスッと世界観に入れた」といい「本当に繊細なお芝居。僕らにしかできないものをたくさんの人に見てもらいたい」とアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >