2017/10/10 15:18

上田竜也、連ドラ初主演も「ストレスない」 「ジャブが速過ぎてカメラが捉えきれない」

(左から)夏木マリ、家入レオ、中村倫也、大野いと、野波麻帆
(左から)夏木マリ、家入レオ、中村倫也、大野いと、野波麻帆

 テレビ東京ドラマ24「新宿セブン」完成披露試写会および記者会見が10日、東京都内で行われ、出演者の上田竜也(KAT-TUN)、中村倫也、大野いと、家入レオ、野波麻帆、夏木マリが出席した。

 ドラマは、新宿歌舞伎町の質屋店主で抜群の鑑定眼を持ったアウトローな主人公・七瀬(上田)が「物」の真贋(しんがん)を見極めると同時に「人」の真贋も見抜き、訳ありな依頼人の悩みや事件を解決していくヒューマンミステリー。上田は主題歌「未完成のアンサー」も担当する。

 連続ドラマ初主演となる上田は「自分と七瀬は共通するところもあってストレスなく演じています。映像の中で好きに暴れさせていただいて、とても好きな役となっています」と語った。

 アクションシーンも見どころの一つで「撮影は大変だけど、出来上がりを見てみると結構本格的なシーンになっています」とアピールした。

 七瀬質店で働く鑑定士見習いの健太役の中村は「七瀬さんの相棒というか、部下というか、ほぼパシリ」と関係性を説明し、上田のアクションシーンの撮影を最も間近で見ていることから「一番びっくりしたのは、上田さんのジャブが速過ぎてカメラが捉えきれなかったこと。そんなの初めて見ました」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >