2017/10/14 15:22

瑛太、売れない役者だったころを回想 「百円ショップでキャベツだけ買って…」

(左から)武正晴監督、黒潮“イケメン”二郎、佐藤江梨子、瑛太、武尊
(左から)武正晴監督、黒潮“イケメン”二郎、佐藤江梨子、瑛太、武尊

 映画『リングサイド・ストーリー』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の佐藤江梨子、瑛太、武尊、黒潮“イケメン”二郎、武正晴監督が登壇した。

 本作は、夢だけがデカい典型的なダメ男(瑛太)と彼を支える健気な女(佐藤)が繰り広げるファイト・ラブコメディー。

 劇中で、売れない役者・村上ヒデオを演じた瑛太は、最初のあいさつで「命懸けで演じました」と並々ならぬ思いを吐露。自分の過去を思い出しながらヒデオを演じたそうで「僕も俳優ですが、仕事が来ない頃は、百円ショップでキャベツだけを買って食べていた時期もある。(自分も)オーディションに行ったら、突拍子もないことしてやろうとか、絶対に他のやつとは違うことをやってやる! という気持ちで取り組んでいたので、ヒデオには共感できる部分もある」と当時を振り返った。

 さらに「ヒデオが『俳優は“人に非ず”って書くんだよ』と言ってますが、道徳観とかそういうことを完全に無視しちゃって、崖から飛び降りるような勇気、覚悟で生きていくというか」と役者の気構えを明かした瑛太。撮影を通して「原点回帰できた」としみじみし、「やっぱり予定調和じゃつまらない。ただのお仕事にしたくない。挑戦し続けたいという思いを改めてヒデオに感じさせてもらった」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >