2017/10/20 10:52

山本耕史“ヘドウィグ仲間”と再会 「同志みたいに思っている」

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督(左)と山本耕史
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督(左)と山本耕史

 映画『パーティで女の子に話しかけるには』のジャパンプレミアが19日、東京都内で行われ、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が登場。花束贈呈ゲストとして俳優の山本耕史が駆け付けた。

 ミッチェル監督は、舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」への出演と、本作のプロモーションのため7年ぶりに来日。山本は2007年から3年連続で、同舞台でヘドウィグ役を演じ、ミッチェル監督とは08年のジョイントライブで共演した。

 久々の再会をハグで喜び合った2人。山本は「ジョンはとても優しい人。舞台のヘドウィグは、なるべくジョンが演じたヘドウィグに近づけてやろうとしました。僕は勝手に同志みたいに思っています」としみじみ語った。

 ミッチェル監督も「世界中のヘドウィグを演じた人、みんなが姉妹、兄弟なんです。お互いに目が合っただけで分かり合えるし、どれぐらい大変かも分かる。役者人生の中で一番大変。だからこそヘドウィグを演じた後は、全く他の役を恐れる必要が無くなるんです」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >