2017/10/23 15:02

ハリソン・フォード、デッカードとして35年ぶりに来日 長年、同じキャラクターを演じ続ける心境を語る

(左から)アナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、シルヴィア・フークス
(左から)アナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、シルヴィア・フークス

 映画『ブレードランナー 2049』の来日記者会見が23日、東京都内で行われ、出演者のハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が出席した。

 本作は、レプリカントと呼ばれる人造人間と、彼らを追う捜査官との攻防を描いた『ブレードランナー』の続編。前作から30年後を舞台に、新たな捜査官(ライアン・ゴズリング)がレプリカントに関わる大きな陰謀に巻き込まれる様子を描く。

 本作のデッカード役としては35年ぶりの来日となったフォードは「撮影が始まる4年ほど前だったと思うけど、(製作総指揮の)リドリー・スコットから『もう一度演じることに興味があるか?』と電話が掛かってきて『ストーリー次第だけどやりたい』と伝えました。その頃は短編を基にシナリオにしたような段階だったけど、読んだらキャラクターが非常にエモーショナルに描かれていて共感できた」と当時の心境を説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >