2017/10/26 12:00

【インタビュー】『ブレードランナー2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「この映画は前作へのラブレターです」

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督
ドゥニ・ヴィルヌーブ監督

 SF映画の名作『ブレードランナー』(82)の、35年ぶりの続編となる『ブレードランナー2049』が、いよいよ10月27日から公開される。前作のリドリー・スコットから監督の座を引き継いだのは、『メッセージ』(16)でアカデミー賞の監督賞候補となった鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴ。来日した彼に、前作への思いや本作製作の裏側を聞いた。

-有名な『ブレードランナー』の続編を、ご自分が監督することになった時の心境は?

 いろいろと複雑な思いがしました。最初に脚本を渡された時、私にこの映画を託してくれることにとても驚きながら、同時に感動を覚えました。そして、実際に脚本を読んでみると、圧倒されながら、興奮しました。そこには、私にとって分かりやすい、親しみのあるテーマが含まれていたからです。ですから、自分が監督にオファーされたことに納得がいきました(笑)。
 ところが、そうは思いながらも、今度は「ではどう撮ればいいんだ。本当に私が続編を作っていいのか」と不安にかられ、パニックに陥りました。そこで「名作の続編を作ることは、とてもまずいアイデアだ。成功するチャンスはとても少ないぞ」と自分に言い聞かせました。
 でも、あまりにも脚本が良かったことと、「あの名作の続編に自分が関わることができるんだ」という思いに負けて引き受けることにしました。私は『ブレードランナー』が大好きでしたし、映画監督になりたいと思わせてくれた作品でした。なので「引き受けたからには、前作に敬意を払う作品にするための努力は惜しまない」と決意しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >