2017/10/29 20:50

「長い間ため込んだ貯金を散財するような気持ちで演じています」和田正人(松下常慶)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

松下常慶役の和田正人
松下常慶役の和田正人

 かつて山伏の姿で諸国を行脚し、井伊家にさまざまな情報をもたらしてきた松下常慶。井伊家が絶えた後、幼い虎松(寺田心・後の万千代)を養子に迎えた松下源太郎(古舘寛治)の弟であり、今では直虎(柴咲コウ)と共に、徳川家に仕える万千代(菅田将暉)を支える存在となっている。演じる和田正人が、初の大河ドラマ出演で感じたこと、常慶役に込めた思いを語った。

-初めての大河ドラマ出演が決まった時のお気持ちは?

 この作品のプロデューサーの岡本(幸江)さん、脚本家の森下(佳子)さん、音楽の菅野よう子さんは、僕の役者としての転機になった朝ドラの「ごちそうさん」(13~14)と同じチームなんです。その皆さんが再びタッグを組んだ大河に出させてもらえたということは、すごくうれしかったです。難しい役ですが、役者として新たな課題を与えられたようで、愛を感じています。

-常慶は序盤、謎の山伏といった雰囲気で登場しましたが、虎松が松下家に養子にくる頃から兄・源太郎が登場するなど、プライベートな部分が見えてきました。演じる上で、気持ちの変化などはありましたか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >