2017/10/27 20:18

山田孝之、ゴッホ風の肖像画プレゼントに歓喜 イッセー尾形「この仕事をしていて良かった」

山田孝之(左)とイッセー尾形
山田孝之(左)とイッセー尾形

 映画『ゴッホ~最期の手紙~』の特別試写会が27日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた俳優の山田孝之とイッセー尾形が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、俳優が実際に芝居をした映像を基に、125人の画家がゴッホのタッチで約6万枚の油絵を描き構成された“動く油絵”映画。山田は、ゴッホの死の真相を追う青年アルマン、尾形はその父ジョセフの声をそれぞれ担当した。

 山田は「かなり前にSNSで映像を見たことがあって、日本で公開されたら見ようと思っていた。そうしたらオファーが来たので、台本を読む前にぜひやりたいと思った」と喜んだという。

 しかし、アフレコには苦戦したようで「もともと役者の芝居を撮っているから、映像と音にちょっとずれがあったんです。映画としてはそれが味になっているけれど、こっちは音に合わせなければいけないから難しかったです」と苦笑いで振り返った。

 一方、尾形は「ゴッホは引かれる画家だったけれど、死のその先があったのは驚きだった。その声ができるなんて、こんなに光栄なことはございません」と感激の面持ち。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >