2017/10/28 14:47

【インタビュー】『ポンチョに夜明けの風はらませて』太賀「高校卒業前に親友たちと旅に出るロマン」中村蒼「3人のめちゃくちゃ加減や、ばかばかしさに共感」矢本悠馬「2週間の撮影が3日ぐらいに感じた」

(左から)矢本悠馬、太賀、中村蒼
(左から)矢本悠馬、太賀、中村蒼

 卒業式を間近に控えた高校生の又八、ジン、ジャンボは、将来に夢も希望も持たず、何となく日々を過ごしていた。そんなある日、ジャンボの父の車を勝手に持ち出した3人は、ひょんなことから当てのない旅に出ることに…。『ぼくたちの家族』などで知られる早見和真氏の小説を映画化した本作は、平凡な高校生3人組が珍道中を繰り広げる青春ロードムービー。高校生役で息の合った共演を見せた太賀、中村蒼、矢本悠馬が、撮影の舞台裏を振り返った。

-皆さんのやり取りが絶妙で、最後まで笑いっ放しでした。3人そろったのは初めてだそうですが、共演した感想はいかがでしょうか。

太賀 映画の全体像として、この3人の空気感がすごく重要になってくるだろうと思っていました。その上で、いざ撮影の初日を迎えてみたら、最初に3人が一緒になった時、スッと空気が出来上がって、居心地の良さを感じたんです。現場でもジョークを言い合ったりしていたので、そういう空気感がいい具合に映画に反映されたと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >