2017/10/28 15:35

中村蒼、アルバイトへの“憧れ”を語る 「『僕がいなきゃ回らなかった』と言ってみたい」

(左から)矢本悠馬、太賀、中村蒼、佐津川愛美
(左から)矢本悠馬、太賀、中村蒼、佐津川愛美

 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』の公開初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の太賀、中村蒼、矢本悠馬、佐津川愛美、廣原暁監督ほかが登壇した。

 本作は、将来に希望を見いだせないまま何となく日々を過ごす高校生たちが、高校最後の旅に出る様子を描いた青春ロードムービー。

 物語の内容にちなみ「もし青春時代に戻れるとしたら何をしたい?」という質問が出ると、太賀は「学校をバリケード封鎖したいです」と回答。会場が微妙な空気に包まれる中、「それ以外に適当な答えが見つからない。それで大丈夫です」と言葉を続けた。

 一方、中村は「まずは高校時代に戻りたい。その時期に転校したので、福岡の高校も東京の高校もどっちつかずで終えてしまった。バイトとかもしたい。ありがたいことにそんなにしてこなかったので、バイト仲間みたいなのが欲しいです」と明かしたが、これを聞いた太賀は「俺、すごくばかなことを言ったなと思って恥ずかしくなりました」と反省しきりだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >