2017/11/02 10:01

綾瀬はるか、勘九郎の妻役で19年大河出演 「八重の桜」以来の大河に「社員の気分味わえる」

19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する綾瀬はるか
19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する綾瀬はるか

 宮藤官九郎が脚本を手掛ける、NHKの2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の出演者発表会見が1日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲをはじめ、綾瀬はるか、大竹しのぶ、生田斗真、竹野内豊、役所広司、杉本哲太、杉咲花、永山絢斗、勝地涼、シャーロット・ケイト・フォックス、古舘寛治、ピエール瀧が出席した。

 本ドラマは“五輪に初参加した男”金栗四三(勘九郎)と“五輪を呼んだ男”田畑政治(阿部)の2人が主役。この日は主に四三と関わりのある登場人物13人が発表された。

 四三の妻・春野スヤを演じる綾瀬は、自身が主演した13年の「八重の桜」以来となる大河ドラマ。「スタジオ撮影で、朝の入り時間が職員さんと同じ時間帯だった。自分もNHKの社員さんになったみたいで通うのが密かに楽しみでした」と久々の感覚を懐かしんだ。大河主演経験者として「とにかく入り時間と皆さんの出社時間が一緒というのがすごく新鮮。社食も一緒で、本当に社員さんになった気分が味わえる」と繰り返して念押し。「1年を通して一人の一生を演じるのは格別な喜びがあると思う。“いだてん”のように突っ走って、私たちを引っ張ってください」とエールを送った。

 また、夫・四三の印象を「お話を聞くと新しいことにどんどん突き進む、岩のような強い信念を持った方なのかなと思いました」と語り、夫を支える妻として「ユーモアがあって家をパッと明るくする奥さん。家を守る強さと、夢を追っている旦那さんを信じて支える強さってところです」と意気込んでいた。


今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >