2017/11/04 14:49

岸井ゆきの、映画初主演を経て「変わりました」 光石研「役によって顔が違う」と絶賛

岸井ゆきの(中央)ほか、公開初日舞台あいさつに登場した面々
岸井ゆきの(中央)ほか、公開初日舞台あいさつに登場した面々

 映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の公開初日舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の岸井ゆきの、光石研、美保純、森ガキ侑大監督ほかが登場した。

 本作は、祖父の訃報を受けた際にセックスをしていたという罪悪感から逃れられない主人公・吉子(岸井)と、さまざまな思いを抱える「家族」の物語。

 本作が映画初主演となった岸井は「やっと幕が開いて、すがすがしい気持ちで立っています。この作品は一つの家族の話で、必ずみんなが最初に属する集団のお話なので、いろんなところで皆さんに共感してもらえるように、飛び立ってほしいなって思います」と心境を語った。

 主演を務めた感想について聞かれると「最初にお話を頂いたときは、主役ってどうしたらいいんだろうって思っていたんですけど、森ガキ組というチームが、本当に俳優部を居やすくする環境作りをしてくださったので、主演だと気負うことなく、家族と一緒にお芝居ができました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン