2017/11/04 16:43

松雪泰子、死に向かう役は「苦悩の連続」 「身動きが取れなくなる時があった」

 舞台への意気込みを語った松雪泰子
 舞台への意気込みを語った松雪泰子

 舞台「この熱き私の激情」の開幕直前会見&公開フォトコールが4日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、小島聖、初音映莉子ほかが登壇した。

 36歳の若さで自ら人生に幕を閉じた女性作家ネリー・アルカンが、8年間、書きつづった小説をコラージュし、舞台化。女であることへの戸惑い、怒り、コンプレックス、生きることのつらさ、悲しみ、無力感と孤独を、6人の女優と1人のダンサーが表現し、1人の女性の生涯を描く。

 死の魅力に引き寄せられる「影の部屋」の女を演じる松雪は、開幕を目前に控え「日々、ネリーさんの感性に圧倒されながら、どこまで自分の精神をしっかり持って体現できるか(を考えた)。今日は緊張感を持って演じられたら」と意気込みを語った。

 舞台では、6人の女優がガラス張りの部屋にそれぞれ入り、イヤモニターを通してお互いの声を聞く。声のセッションはあっても、会話が交わされることはないという。

 「天空の部屋」の女を演じる小島は「これだけすてきな皆さんとご一緒しているのに、全くお互いの顔が見えない。でも声だけのセッションというのもなかなかセクシーでいいのかな」と語り、ほほ笑んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >