2017/11/17 18:38

【インタビュー】『全員死刑』間宮祥太朗「やってよかった」迷いを振り切って挑んだ実在する死刑囚がモチーフの連続殺人犯役

スタイリスト津野真吾(impiger) 衣装協力/KINSELLA(03-6447-4544)
スタイリスト津野真吾(impiger) 衣装協力/KINSELLA(03-6447-4544)

 『ライチ☆光クラブ』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』、『トリガール!』など、昨年から話題の映画に出演し、ネクストブレーカーの筆頭に数えられる間宮祥太朗。日本人離れした圧倒的な美貌に加え、若干24歳で“カメレオン俳優”の異名を持ち、作品ごとに豹変する姿は他の追随を許さない。そんな間宮が、かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件をモチーフにした『全員死刑』で、家族や彼女のために実行犯となって殺人を繰り返す次男タカノリ役で映画初主演を務めた。「やってよかった」と充実した表情を見せる間宮が、本作に込めた思いや役者としての今後の展望などを語った。

-映画初主演作がかなりヘビーな作品になりましたが、オファーを受けたときの率直なお気持ちは?

 最初は、死刑囚になった人を基にした作品で主演を務めることや、その映画を背負って自分が立っていられるのかというところで迷いました。だから、二つ返事で「やりましょう」ということではなく、判断をしっかりしなければいけないと考え、まず(小林勇貴)監督に会っていろいろな話をさせていただきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >