2017/11/18 13:35

大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が爆笑トーク 入江悠監督からのネギの贈呈に「ネギランテ?」

ネギの束を手にした(左から)鈴木浩介、大森南朋、桐谷健太、入江悠監督
ネギの束を手にした(左から)鈴木浩介、大森南朋、桐谷健太、入江悠監督

 映画『ビジランテ』の完成披露試写会が17日、東京都内で行われ、トリプル主演を務めた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太と入江悠監督が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、地方都市を舞台に、幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員の次男・二郎(鈴木)、デリヘル店店長の三男・三郎(桐谷)の3兄弟が、父親の死をきっかけに再会、運命を翻弄されていくさまを、バイオレンス描写とともにつづる。

 ハードな内容の映画とは裏腹に、トークは終始、笑いの絶えない和気あいあいとしたムードで進行。鈴木がボケて、年下の桐谷が情け容赦なく突っ込み、それを大森が静かに見守るという関係は、まさに兄弟のようだった。

 撮影時のエピソードを尋ねられた際、最も印象的だったこととして鈴木が挙げたのが「3人で川の中に入って行くシーン」。撮影期間中唯一、雪が降ったという当日の過酷な状況を「寒さで体が動かない状態。監督からカット(の声)が掛かる前に、自分の体にカットが掛かる」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >