2017/11/20 21:26

『ジャスティス・リーグ』のキャストをファンが歓迎 「縁起熊手」に願い事を

お札に願いを書いたレイ・フィッシャー(左)とエズラ・ミラー
お札に願いを書いたレイ・フィッシャー(左)とエズラ・ミラー

 映画『ジャスティス・リーグ』のジャパン・プレミアが20日、東京都内で行われ、来日した出演者のエズラ・ミラー、レイ・フィッシャー、お笑いトリオ、パンサー(尾形貴弘、菅良太郎、向井慧)、米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手ほかが登壇した。

 本作は、スーパーマン亡き後の世界を舞台に、バットマンをはじめ、DCコミックスのヒーローが集結し、人類の危機に立ち向かうさまを描く。

 会場には約1200人のファンが集まり、熱狂的な歓迎を受けたフラッシュ役のエズラは「皆さんこんばんは。ここから見ると、皆さんが輝いて見えます。皆さんこそスーパーヒーローです」と語り掛け、「アリガトウゴザイマス」と日本語であいさつした。

 サイボーグ役のレイも「東京の皆さんこんにちは!」と大声を上げ、「大切な夜に集まってくれてありがとう。『ジャスティス・リーグ』を、やっと皆さんと分かち合うことができます」と笑顔で歓声に応じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >