2017/11/23 15:08

菅田将暉「メモリアルな日々でした」 “漫才師”として生きた『火花』を振り返る

売れない漫才師を演じた菅田将暉
売れない漫才師を演じた菅田将暉

 映画『火花』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が登壇した。

 又吉の芥川賞受賞作を映画化した本作は、売れない若手芸人が一旗揚げようと奮闘する青春物語。劇中では、菅田と川谷が「スパークス」、桐谷と三浦が「あほんだら」として漫才コンビを組んだ。

 売れない漫才師の徳永を演じた菅田は「現場も楽しく芸人さんたちもいて和気あいあい。ハッピーな意味でもメモリアルな日々でした」と振り返った。

 また「徳永としての日々は忘れちゃいかん。そういう時間だった。今日公開できるのが本当にありがたい。純粋に楽しみ」と心境を明かした。

 一方、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を演じた桐谷は「単純に公開してうれしいのと、もうこうして集まることもなかなかないんやなという寂しさがある。ぜひ最低、3回は大ヒット御礼の舞台あいさつができるように、どうか皆さんお力添えを」と呼び掛けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >

おすすめキャンペーン