2017/12/02 18:19

山田裕貴「いい奥さんになれたら…」 健太郎の親友役「気持ちは女房役」

山田裕貴(左)と健太郎
山田裕貴(左)と健太郎

 映画『デメキン』の公開初日舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の健太郎、山田裕貴、原作者でお笑い芸人の佐田正樹(バッドボーイズ)、山口義高監督ほかが登壇した。

 本作は、佐田の自伝小説を映画化したもの。幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられた正樹(健太郎)が、けんか無敗と、数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと上り詰めていく姿を描く。

 髪を赤く染めて登場した健太郎は「本日は数多くある作品から『デメキン』を選んでいただきありがとうございます」とあいさつした。

 本作が初主演映画となった健太郎は「ここにいるメンバーで無事、初日を迎えられたことがすごくうれしい。いろんな人に見ていただきたい作品なので、ここにいない子たち(出演者)の気持ちも背負って頑張っていきたい」と語った。

 正樹の親友役を演じた山田は「“探偵がバーにいる”わけでもないし、“錬金術”が使えるわけでもないですが、燃え上がる熱いハートの映画を選んでいただいて本当にうれしいです」と元気にあいさつした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >