2017/12/07 11:22

「西郷どん」主演の鈴木亮平 「1話を見れば全47話を見たくなる」

「西郷どん」の記者会見に出席した渡邉蒼(左)と鈴木亮平
「西郷どん」の記者会見に出席した渡邉蒼(左)と鈴木亮平

 2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の第1回完成試写会が6日、東京都内の同局で行われ、試写会後に主人公・西郷吉之助(隆盛)を演じる鈴木亮平、その子ども時代・西郷小吉を演じた渡邉蒼が会見に応じた。

 本作は、林真理子の小説を原作に、二度の島流しと三度の結婚を経て明治維新を成し遂げながらも、後に明治新政府と戦って散った幕末の英雄・西郷隆盛の波乱の生涯を描く。

 第1回「薩摩のやっせんぼ」は、1840(天保11)年の薩摩国が舞台。大久保正助(石川樹)ら幼なじみと学問や剣術に励んでいた西郷小吉は、仲間と共にお寺までの一番乗りを競う藩の一大行事「妙円寺詣り(みょうえんじまいり)」に参加。これに勝利した小吉は、藩主・島津斉興(鹿賀丈史)の嫡男・斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いを果たすが…。

 上映後、壇上に姿を現した鈴木は、少年時代の物語となる第1回について「子どもたちの作ってくれた幕末の生き生きとした空気感が、第1話に輝きを与えている」と語り、「1話を見ていただければ、全47話を見たくなる作品に仕上がっていると思います」と今後への期待感を示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >