2017/12/09 17:51

【芸能コラム】直虎と氏真 今を生きる人々の胸に響く敗者たちの生きざま 「おんな城主 直虎」

今川氏真を演じた尾上松也
今川氏真を演じた尾上松也

 12月に入り、いよいよ最終回が近づいてきたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。いよいよ次回、明智光秀(光石研)が本能寺の変を起こすなど、ここにきて風雲急を告げる事態となっている。万千代(菅田将暉)と共に徳川家の繁栄を目指して動き始めた直虎(柴咲コウ)の物語はどこへ向かうのか。一瞬たりとも目が離せない。

 放送開始から1年。振り返ってみれば、少女だったおとわは出家して次郎法師を名乗り、直虎の名で城主を務め、井伊家がつぶれた後は徳川家康(阿部サダヲ)に仕える万千代を支えるなど、人間的な成長を見せてきた。

 ただし、直虎の成長が社会的な成功と一致していないことは、このドラマを見続けてきた視聴者であれば、よく分かっていることだろう。もともと、小さな井伊谷の領主に過ぎなかった直虎だが、武田と徳川の戦に巻き込まれて井伊家がつぶれた時点で、歴史からは完全に姿を消した。だが、その後も直虎は生き続けた。万千代の徳川家への仕官と井伊家の再興が成ったのは、直虎がいたからこそだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >