2017/12/17 20:50

「『あの人たちの生きざまが面白かった』と記憶に残ってくれたら」岡本幸江(制作統括)後編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

柴咲コウ(左)と菅田将暉
柴咲コウ(左)と菅田将暉

 ついにフィナーレを迎えたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。番組を応援してきた視聴者は、主人公・井伊直虎(柴咲コウ)との別れを惜しみつつも、鮮やかな幕切れに喝采を送ったのではないだろうか。その余韻をより深く味わい、この1年を振り返ってもらうため、制作統括の岡本幸江氏に制作の舞台裏を聞いた。

-盛りだくさんの内容で、見事な最終回でした。途中、「真田が北条に付いただと!?」というせりふがありましたが、これは前作の「真田丸」で「向こうにもここに至るまでの物語があるのだろうな」とエールを送られたことに対するお返しだったのでしょうか。

 はい。ささやかなお返事のつもりです。「寝返った」というネタにこだわって、「この時期、何をしていましたか?」と時代考証の先生に相談して入れました(笑)。

-主演の柴咲コウさんをはじめ、全話を通して出演者の皆さんが役にぴったりはまっていました。配役が成功した理由はなんでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >