2018/02/27 14:44

柄本佑「前田敦子は色気を漂わせた白いキャンバス」 前田、柄本の女装シーンを一刀両断!

(左から)冨永昌敬監督、三浦透子、前田敦子、柄本佑、尾野真千子、末井昭氏
(左から)冨永昌敬監督、三浦透子、前田敦子、柄本佑、尾野真千子、末井昭氏

 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の東京プレミア上映が26日、東京都内で行なわれ、出演者の柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、原作者の末井昭氏、冨永昌敬監督が上映前の舞台あいさつに登壇した。

 本作は、少年時代に母親が隣家の息子とダイナマイトで心中したという衝撃的な過去を持つ末井氏が、警察からにらまれながらもエロ雑誌の編集者として活躍した1970~80年代の破天荒な日々をつづった自伝的エッセイの映画化。

 末井氏役で主演した柄本は、3人の女優の印象を尋ねられると、まず、妻・牧子役の前田を「“ぼくのあっちゃん”にしたくなる魅力的な女優」と称賛。続いて「色気を漂わせた白いキャンバス」と例えると、前田は「いいキャッチフレーズを付けてもらいました」と笑みを浮かべた。

 愛人の笛子を演じた三浦はまだ21歳。だが、柄本は「どっしりとして、落ち着きがある。年は下だけど、僕の方が『ついて行きます』というぐらい落ち着いている」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >