2018/03/03 18:53

【映画コラム】“デル・トロ・ワールド”と呼ぶしかないような、摩訶不思議な世界『シェイプ・オブ・ウォーター』

(C)2017 Twentieth Century Fox
(C)2017 Twentieth Century Fox

 メキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督が、種族を超えた愛を描いたファンタジーロマンス『シェイプ・オブ・ウォーター』が公開された。

 1962年、米政府の研究機関で清掃員として働くイライザ(サリー・ホーキンス)は、秘かに運び込まれた不思議な“生き物”を目撃する。アマゾンの奥地で神のようにあがめられていた“彼=クリーチャー(半魚人)”(ダグ・ジョーンズ)に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで彼に会いに行くようになる。

 デル・トロ監督は「異質なものや異種のものを恐れている、今の時代にこそ、こうしたストーリーが必要だと感じた。ただ、設定を現代にすると、なかなか人は耳を傾けてはくれない。それならば、寓話(ぐうわ)やおとぎ話のようにして語れば、聞く耳を持ってくれるのではないかと考えた」と語っている。なるほど、そう聞くと本作は、人魚伝説を描いたロン・ハワード監督の『スプラッシュ』(84)の逆パターンとして捉えることもできる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >