2018/03/10 16:01

吉永小百合「映画は子ども。今は受験生の母の気持ち」 篠原涼子「吉永さんと堺さんの“親子愛”に憧れます」

(左から)滝田洋二郎監督、阿部寛、篠原涼子、吉永小百合、堺雅人、岸部一徳、佐藤浩市
(左から)滝田洋二郎監督、阿部寛、篠原涼子、吉永小百合、堺雅人、岸部一徳、佐藤浩市

 映画『北の桜守』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、篠原涼子、堺雅人、阿部寛ほかが登場した。

 本作は、太平洋戦争末期の激動の時代を懸命に生き抜いた親子の物語。吉永は本作で映画出演本数が120本となった。

 桜守として桜を育む江蓮(えづれ)家の母てつを演じた吉永は「この映画は73年前に樺太や北の海で起こった事実を基に作られました。3月11日で大震災から7年がたちます。犠牲になった方や、今も苦しんでいる方がいらっしゃる中で、このような作品を作ってごあいさつをさせていただけることを、心から感謝しています」と話した。

 本作で映画出演作が120本となった吉永。「吉永さんにとって映画とは?」と聞かれると、「子どもですね。篠原さんのように実際に子どもはいませんが、今日は受験生の母のように、公開して皆さまがどう受けとめてくれるのかって眠れませんでしたし、子どもだと思って、一歩一歩大事にしていきたいです」と作品への愛情を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >