2018/03/10 17:56

岩田剛典、監督からのサプライズの手紙に涙 「役者として精いっぱい成長した姿を見せたい」

瀧本智行監督の手紙に感極まった岩田剛典
瀧本智行監督の手紙に感極まった岩田剛典

 映画『去年の冬、きみと別れ』の公開初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典(三代目J Soul Brothers/EXILE)、山本美月、斎藤工、北村一輝、瀧本智行監督ほかが登場した。

 本作は、芥川賞作家・中村文則氏の原作を映画化した“予測不能”な純愛サスペンス。最愛の女性(山本)との結婚を控えるスクープ記者・耶雲(岩田)が、猟奇殺人事件の容疑者・木原坂(斎藤)の危険な罠にはまっていく様子を描く。

 岩田は「初日を迎えられて万感の思いです。この作品は人間の不思議さといいますか、愛だったり、憎しみだったり、人間が持ついろんな感情がたくさん出てきます。愛する人のために人がどこまで変われるのかという、究極の純愛を描いた作品でもあります。まばたきもしないで見てほしいです」とアピールした。

 撮影時のエピソードを聞かれた斎藤は「一度だけ北村の兄貴が(岩田、斎藤、北村の)メンズ3人のうたげを用意してくださって。そのうたげがあった後に、とんでもないラストシーンが生まれたっていう流れを見ると、鳥肌が立ちました。北村さんはそこまで考えてのうたげだったと思います」と明かすと、北村が「バレました?」と返して、笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >