2018/03/20 17:02

【インタビュー】「どこにもない国」内野聖陽 知られざる歴史上の偉人伝に感服

丸山邦雄役を演じた内野聖陽
丸山邦雄役を演じた内野聖陽

 第2次大戦の終戦後、ソ連占領下の満州にとり残され、略奪、暴行、病気、飢え、寒さなどで死にひんした150万を超える日本人の帰国を実現に導くため、命を懸けて奔走した男たちの戦いと、彼らを支えた妻の愛を、中国ロケを交えた壮大なスケールで描いたNHKドラマ「どこにもない国」(前編は3月24日、後編は31日の午後9時から放送)。実話を基にした本作で、主人公・丸山邦雄役を演じた内野聖陽が、本作に込めた熱い思いや撮影エピソードなどを語ってくれた。

-命を賭して大勢の人の命を救った人物といえば、ナチス・ドイツに迫害されていたユダヤ人を助けた杉原千畝さんやオスカー・シンドラーさんが有名ですが、丸山さんの名前は初めて聞きました。

 私も全く知らなかったので、歴史の教科書に載っていない方がこんなにすごいことをしていたんだと驚きました。作品のお話を頂いてからは、あらゆる本を読んで、丸山さんや満州について勉強しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >