2018/03/26 16:06

【2.5次元リポート】ミュージカル「刀剣乱舞」 最新作がいざなう新たな展開、重厚な物語が胸に突き刺さる

本作に登場した6振りの刀剣男士
本作に登場した6振りの刀剣男士

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカル「刀剣乱舞」(以下、刀ミュ)。2015年秋のトライアル公演後、瞬く間に人気が爆発。次々と新作を上演し続ける一方、音楽活動や大規模ライブ、海外公演を行い、多岐にわたる盛り上がりを見せている。3月24日には、新作公演となるミュージカル「刀剣乱舞」~結びの響、始まりの音~が開幕した。

 シリーズ5作目となる本作は、2作目の「幕末天狼傳」で描かれた近藤勇、沖田総司亡き後の時代に刀剣男士たちが出陣する。編成は、「幕末天狼傳」の大和守安定(鳥越裕貴)、和泉守兼定(有澤樟太郎)、堀川国広(阪本奨悟)、長曽袮虎徹(伊万里有)の4振りに、新たに陸奥守吉行(田村心)と巴形薙刀(丘山晴己)を加えた6振り。新撰組に由縁の深い刀剣男士を中心に、失意の中、生き方を模索しながら新政府軍と戦う土方歳三の元に向かう。

 開幕前に行われた囲み取材で、トライアル公演から全公演で演出を担当している茅野イサムは、本作について「ここまで踏み込んじゃうの?って驚いていただけると思います」と明かし、伊万里は「刀ミュ史上類を見ない革命が起きている」と話したが、その言葉通り、まさに「衝撃作」であると言える。詳細は避けるが、前作「つはものどもがゆめのあと」とはまた別の方向性で、作品の根幹に関わる“こと”に言及し、新たな解釈で物語が展開する。これだけでも、刀ミュクラスタ、とうらぶクラスタには見逃せない作品で、今後のシリーズの展開において、大きな転機ともなる作品だと言えるだろう。

 また、これまで以上にドラマ性が高く、涙なしでは見ることができない切ないストーリーも見どころだ。シリーズを通して「何のために生きるのか」「自分の存在は何なのか」という普遍的なテーマが根底に流れている刀ミュの中で、本作ではそのテーマがさらに強く印象に残る。刀剣男士たち、土方歳三ら歴史上の人物の心情が丁寧につづられることで、生身の感情が深みを持って観客に届くのだ。それを可能にしているのが、キャストたちの演技力だ。芝居、歌、踊り、殺陣と、どれをとっても高いクオリティーが保たれており、「幕末天狼傳」から大きな成長を感じさせる。そして、それは、本作からシリーズに参加している新キャストの田村、丘山、 阪本も同様だ。

 これまでの刀ミュは華やかさや勢いを強く感じる作品が多かったように思うが、本作は一言でいうならば「重厚」。深く胸に響く物語を堪能してもらいたい。

 ミュージカル「刀剣乱舞」 ~結びの響、始まりの音~は、3月24日~4月1日、都内・日本青年館ホール、4月8日~15日、大阪・梅田芸術劇場、4月20日~5月6日に都内・TOKYO DOME CITY HALLで上演。

(取材・文・写真/嶋田真己)


公演前に行われた囲み取材の様子


土方歳三(高木トモユキ)


巴形薙刀(丘山晴己)


(左から)陸奥守吉行(田村心)、長曽袮虎徹(伊万里有)


大和守安定(鳥越裕貴)


(左から)和泉守兼定(有澤樟太郎)、堀川国広(阪本奨悟)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >