2018/04/07 13:53

稲垣&草なぎ&香取が舞台あいさつに登場! 「公開の日を迎えられて本当に幸せ」

(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛
(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛

 映画『クソ野郎と美しき世界』の完成披露初日舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、園子温監督、山内ケンジ監督、太田光監督、児玉裕一監督が登壇した。

 本作は、稲垣、草なぎ、香取が新しく立ち上げた「新しい地図」が初めて製作を手掛けた劇場公開作品。四つの短編で構成されるオムニバス映画で、エピソード1「ピアニストを撃つな!」(園監督)に稲垣、エピソード2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」(山内監督)に香取、エピソード3「光へ、航る」(太田監督)に草なぎが出演し、エピソード4「新しい詩(うた)」(児玉監督)には3人全員が出演している。

 ファンの温かい声援に迎えられた稲垣が「皆さまのおかげで今日無事に初日を迎えることができました」とあいさつすると、草なぎも「公開の日を迎えられて本当に幸せ。僕らのいろんな情熱とあふれんばかりの気持ちが詰まっている作品なので、ぜひ、皆さん楽しんで受け取ってください」と笑顔でアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >