2018/04/17 18:27

山本耕史、早見あかりに殺陣を指導 飲み込みが早く「すごく筋がいい!」

法月弦之丞を演じる山本耕史
法月弦之丞を演じる山本耕史

 BS時代劇「鳴門秘帖」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者の山本耕史、野々すみ花、早見あかりが出席した。

 吉川英治原作の同名小説を、NHKが約40年ぶりにドラマ化。剣を極める修行の果てに、さすらう虚無僧となった法月弦之丞(山本)は、十年ぶりに舞い戻った江戸で、幕府転覆の密約を記した血判状「鳴門秘帖」を巡る争いに巻き込まれていく。

 山本は「最初にタイトルを聞いたときは、“鳴門の市長さん”の話かと思いました」と笑いを交えつつ、「弦之丞さんはポジティブではない人物。自分と全く違うので、どこを寄せていくかを考えました」と役作りの苦労を語った。

 続けて「40年前に田村(正和)さんがされた映像を見ると、ちょっと影のある感じで…。僕も最初は似せた方がいいかなと思いましたが、僕ができる弦之丞というのをずっと探し続けて、(最後は)皆さんに委ねるしかないと思います」と率直な思いを語った。

 一方、弦之丞のいいなずけで甲賀の娘・千絵を演じる早見は「弦之丞さまを小さい頃からずっと思い続けている役で、弦之丞さまが大好き、会いたいというのが一番の原動力となっている女の子」と役柄を説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >