2018/04/19 07:26

【インタビュー】『レディ・プレイヤー1』タイ・シェリダン&オリビア・クック&森崎ウィン「撮影中は監督がお父さんで、僕らは彼の子どものようでした」

(左から)オリビア・クック、タイ・シェリダン、森崎ウィン
(左から)オリビア・クック、タイ・シェリダン、森崎ウィン

 ゴーグル一つで全ての夢が実現するVRワールド「オアシス」で繰り広げられるトレジャー・ハンティングの冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』が、いよいよ4月20日から公開される。日米の有名キャラクターが夢の共演を果たした本作で、主人公のウェイドを演じたタイ・シェリダン、彼と行動を共にするサマンサを演じたオリビア・クックとトシロウ役の森崎ウィンに話を聞いた。

-この映画の鍵を握る1980年代は、皆さんにとっては生まれる前の話ですが、どのように感じましたか。

森崎 (他の2人は英語だが)日本語でお答えします(笑)。僕は90年生まれですが、ミャンマーで一緒に暮らしていた祖母が、家でずっと80年代の音楽を流していたので音楽にはなじみがありました。ビリー・ジョエル、マイケル・ジャクソン、特にマドンナが好きで、毎朝「ライク・ア・バージン」を歌っていました。この映画は、80年代が鍵を握るということで、まず原作を読んでみたら、分からないことがたくさん出てきたんです。それらをジムで走りながら覚えたり、80年代の音楽を集めて聴いてみたりしながら、自分の中に取り入れていきました。僕にとって、80年代はとても新鮮なものに感じられました。普段は音楽もやっているので、「80年代ってこんなサウンドがあるんだ。すごいな」という感じがして、勉強になりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >