2018/04/22 20:50

「西郷が次の時代に向かっていく根源的なエネルギーを受け渡したいと思いながら演じていました」渡辺謙(島津斉彬)【「西郷どん」インタビュー】

島津斉彬役の渡辺謙
島津斉彬役の渡辺謙

 薩摩藩主として幕政改革を目指した島津斉彬が、志半ばにして非業の死を遂げた。敬愛する主君を失った吉之助(鈴木亮平)の生涯は今後、大きな波乱を迎えることとなる。第1回からその圧倒的な存在感で作品を支えてきた斉彬役の渡辺謙が、撮影の舞台裏、「俳優としての基礎を教わった」という大河ドラマへの思いを語ってくれた。

-斉彬役は視聴者の人気を集めましたね。

 最近のテレビドラマは、役者の表現にしても、脚本の作りにしても、非常に分かりやすく、懇切丁寧に気持ちの奥の奥まで説明することが多い気がします。だから、僕はこの人が何を考えているのか分からなくしたかった。いい人なのか、悪い人なのか。そういう境界をにじませてどんどん曖昧にしたいと。決して目新しいものではありませんが、今のドラマにおけるアプローチとしては、それを面白がってもらえたのではないでしょうか。

-鹿児島ロケでは、渡辺さんが「大儀であった」と言ったときに、涙ぐまれた地元のエキストラの方もいたと聞きます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >