2018/04/29 08:50

「直弼は文化的素養の深さ、厚さ、広さにおいて、並みの人物ではありません」佐野史郎(井伊直弼)【「西郷どん」インタビュー】

井伊直弼役の佐野史郎
井伊直弼役の佐野史郎

 島津斉彬(渡辺謙)ら、一橋派との将軍後継争いに勝ち、幕府内の実権を握った大老・井伊直弼。その絶大な権力は、主君・斉彬を失った吉之助(鈴木亮平)の運命を今後、大きく左右することとなる。演じる佐野史郎は、以前から井伊家やそのお膝元・彦根に縁があったという。その縁を通じて学んだ直弼の実像や役に込めた思いを語ってくれた。

-井伊直弼役に決まったときのお気持ちは?

 正直、びっくりしました。というのも、僕は出雲地方、松江の出身で、以前から松江ゆかりの小泉八雲に興味があり、朗読会を続けていました。その朗読会を、去年は僕の誕生日の3月4日に、井伊家の菩提寺である彦根の清凉寺でやったんです。それからしばらくして「西郷どん」が始まることを知り、「翔ぶが如く」(90)に出演したときのことを懐かしく思い出していたら、1週間後に「井伊直弼役を」というお話を頂いたもので…。

-絶妙なタイミングですね。

 しかも、井伊直弼登場の9話の放送も3月4日! 実は、以前から井伊家のお膝元である彦根とはご縁がありました。琵琶湖を舞台にした『偉大なる、しゅららぼん』(14)という映画に出演したとき、彦根城や近江八幡で撮影をしていたんです。しかも、衣装は“井伊の赤備え”と同じ全身、赤(笑)。そのとき、琵琶湖のある近江が、僕が生まれ育った宍道湖のある松江に似ていると感じて、大好きになりました。そんなことから近江の国に興味を持つようになり、近江を舞台とした小泉八雲の作品もありますし、朗読を通じてご縁ができ、清凉寺の朗読会につながったという訳です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >