2018/05/01 16:07

【2.5次元インタビュー】舞台「十二大戦」滝川広大&才川コージ&橋本祥平、12人の殺し合いが「最先端技術で驚きの舞台に」

(左から)断罪兄弟・兄(橋本祥平)、失井(滝川広大)、憂城(才川コージ)
(左から)断罪兄弟・兄(橋本祥平)、失井(滝川広大)、憂城(才川コージ)

 小説を担当した西尾維新氏とイラストレーションを担当した中村光氏の初タッグ作品となる『十二大戦』(集英社刊)。干支(えと)の名を宿す12人の戦士が互いの命と魂を懸けて戦う姿を描くこの小説が舞台化される。失井(うしい)役の滝川広大、憂城(うさぎ)役の才川コージ、断罪(たつみ)兄弟・兄役の橋本祥平に、公演に懸ける思いを聞いた。

-2017年秋にはテレビアニメ化もされた作品ですが、出演が決まったときのお気持ちは?

才川 アニメも見ていて、憂城が好きだったので、運命的なものを感じました。実は、別のお仕事が入っていて、マネジャーさんから「出演するのは厳しい」って言われていたんですが、1カ月ぐらい駄々をこねて(笑)、やっと出してもらえることになりました。念願の憂城役です。

橋本 西尾維新さんの原作だというので、さすがに面白いなと思いました。こういう、舞台化不可能と言われている作品を舞台化して、それに携われるのはすごいうれしいことだと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >