2018/06/01 12:00

【インタビュー】「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」水川あさみ、「表現こそ自由」コンプライアンスまみれの世界に覚える憂いと反抗心

水川あさみ
水川あさみ

 「コンプライアンス」「自主規制」が叫ばれる昨今、それはドラマや映画にも影響し、思わず首をかしげるシーンが増えた。女優・水川あさみも「無理やり車に乗せられた人が、次の場面ではシートベルトをしていて、なんで?と思う」と苦笑いする。そもそも架空の物語なのだから現実社会のルールをガチガチに適用する必要はないのだが、そうもいかず、なんとも窮屈になってしまったこの世界で、水川は不倫と大胆な性描写を描いた衝撃作でヒロインを演じ、物おじせずに「表現こそ自由」と訴える。その胸に秘めた思いとは…。

 直木賞受賞作家・村山由佳氏の同名小説が原作の本作は、夫の支配と性の不一致から逃れるために家を出た35歳の女性脚本家・高遠奈津が、次々と男に抱かれ、性の快楽に溺れながらも、女の人生を生き尽くす姿を描いた官能ドラマだ。

 20年以上のキャリアを持ち、これまでにさまざまな役柄を演じてきた水川だが、「大胆な性描写のある作品や役に出会ったことがなかった」という。そのため、「とても驚きましたが、34歳というこの年になってこそできるのかなと思ったし、今までにない自分が引き出されたらいいなと思ってチャレンジしました」とオファーを受けた当初を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >