2018/05/13 12:00

「島での幸せな生活と過酷な体験は、皆さんが知る“西郷隆盛”に変わっていくために必要な期間」鈴木亮平(西郷吉之助)2【「西郷どん」インタビュー】

西郷吉之助役の鈴木亮平
西郷吉之助役の鈴木亮平

 敬愛する主君・島津斉彬(渡辺謙)の死とともに窮地に陥った吉之助は、ついに故郷・薩摩から遠く離れた島へ送られることとなった。どん底に落ちた吉之助は、今後、奄美大島、沖永良部島と二度の島流しに遭いながらも、運命の女性・愛加那(=とぅま)との出会いなどを経て、大きく成長していく。果たして、その先に待ち受けるものとは? 主演の鈴木亮平が、第18回以降の見どころ、斉彬に対する思いなどを語ってくれた。

-島流しに遭ったときの吉之助の心境はどんなものだったのでしょうか。

 絶望と自己嫌悪です。自分1人だけが生き残ってしまったという自己嫌悪の思いは、とてつもなく大きい。殿(=斉彬)もいない、自分は何も成し遂げられなかった、全部失敗した。そんなことから最初、気持ちは死に向かっています。吉之助さん自身も「自分は土の中の死んだ骨だ」と言っていますが、まさに死人です。

-そんな吉之助を演じてみた感想は?

 全く別のドラマのような気分です。つらさも感じないぐらい感情がゼロの状態で、島の自然の美しさや、人の優しさに気付くことなく、現地の風習を見下している。出された料理に手もつけず、ひっくり返してしまうのですが、そんなことは今までの吉之助さんからは考えられません。でも、そういうことが自然にできてしまう。自分の中に生まれてくるものが、今までの吉之助さんとは全く違ったので驚きました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >