2018/05/13 20:50

「僕と(鈴木)亮平の関係そのままの感覚でやってみました」谷田歩(木場伝内)【「西郷どん」インタビュー】

木場伝内役の谷田歩
木場伝内役の谷田歩

 “菊池源吾”の名で奄美大島に流された吉之助は、薩摩藩の支配下で過酷な生活を強いられる島民たちの姿を目の当たりにする。その薩摩藩の役人でありながら、やがて吉之助に共感し、親交を結んでいくのが木場伝内だ。演じるのは、舞台を中心に活躍し、鈴木亮平とも共演経験のある谷田歩。島編のロケ撮影の裏話や、鈴木とのエピソードを語ってくれた。

-木場伝内とはどんな人物でしょうか。

 薩摩藩から奄美大島に派遣されてきた役人で、薩摩隼人らしい熱い心を持った人物です。島に送られてきた吉之助と出会い、大久保からの手紙を仲介するほか、吉之助が島を離れた後は愛加那との手紙のやりとりを手伝うなど、吉之助を支え続けたと言われています。

-残された史実も少ない人物ですが、役作りはどのように?

 吉之助よりも9歳年上ということだったので、僕と(鈴木)亮平の関係そのままの感覚でやってみました。あとはもう、現場で感じたものを生かして…と思っていたら、吉之助との初対面のシーンがすごくて…。役人が島民たちから厳しく砂糖を取り立てているところに吉之助が現れるのですが、廃人同然のその姿が「絶対こいつには勝てない!」という迫力。自分の上司がやられているのに、全く手が出せない。それを見たら、そのとき感じた自分の気持ちそのままで演じることができました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >