2018/05/18 15:20

阿部寛「ちょっとエッチな映画です」 山村紅葉とのぬれ場は「芝居を忘れました」

主演の阿部寛
主演の阿部寛

 映画『蚤(のみ)とり侍』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、松重豊と鶴橋康夫監督が登壇した。

 本作は、主人公の侍・小林寛之進(阿部)が、床で女性に愛を届ける裏稼業“ノミ取り”を命じられ、悪戦苦闘する姿を描く時代劇。

 主演の阿部は、R-15指定の本作を「色気のある作品ですが、高校生から見られますから」とアピール。共演者や監督への感謝を口にしながら、「とにかく劇場で大笑いしてもらえるちょっとエッチな映画です。皆さん、よろしくお願いします」と笑顔で呼び掛けた。

 そんな阿部を「役者の大先輩」と仰ぎ、「ご一緒できて幸せだった」と語った斎藤は、特に驚いたこととして「阿部さんは、役柄の心境によってサイズ感が小柄に見えるときがあった。心情によって自在に身長をコントロールできるんじゃないかと思うぐらい」とエピソードを披露した。

 これに対して阿部は「斎藤くんは監督をなさったり、いろんな才能を持った方ですが、いざこの現場に入ると役者に徹していた。その潔さが素晴らしかった」とたたえた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >