2018/06/03 20:50

「島唄から三味線まで、習い事のオンパレードでした」高橋努(富堅)【「西郷どん」インタビュー】

富堅役の高橋努
富堅役の高橋努

 親友・大久保正助(瑛太)の尽力もあり、吉之助(鈴木亮平)は奄美大島から薩摩へと戻っていった。妻・愛加那(二階堂ふみ)は、まだ幼い子どもや兄・富堅と共に島で吉之助を待ち続けることに。無骨だが妹思いの富堅を演じるのは、テレビドラマから映画まで、数多くの作品で活躍する高橋努。役に込めた思いや、撮影の裏話など、幅広く語ってくれた。

-富堅について、どのようなイメージをお持ちでしたか。

 富堅のことは全く知らなかったので調べてみましたが、記録が残っていないんです。写真が1枚あるだけで。それも、「これが富堅です」というはっきりしたものではなく、「龍佐民の親戚で次期リーダーと言われていたから、真ん中のリーダー風の人が富堅らしい」という程度で。

-そこから、役作りはどのように?

 今回のドラマでは、両親がいないので、小さい頃から愛加那と一緒に生きてきたこともあり、とても妹思いの兄。しかも、強がりで偉そうにしている割には、奥さん(=里千代金)からよく怒られている。そう考えたら、すごくチャーミングな人だったのではないかと思えてきました。だからこそ、次期リーダーと言われたのではないかと。役作りのため、髪の毛を4、5カ月伸ばし、ひげも演出の方と相談して伸ばすことにしました。他にも島唄から三味線まで、習い事のオンパレードでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >