2018/06/01 18:48

【記者リポート】矢島晶子「クレヨンしんちゃん」降板を発表 その魅力は“ユーモア”と“優しさ”にあり!

しんのすけ(左)と矢島晶子
しんのすけ(左)と矢島晶子

 テレビ朝日系列で放送中のアニメ「クレヨンしんちゃん」に、野原しんのすけ役で出演中の声優・矢島晶子が6月29日の放送を最後に降板することを、1日、テレビ朝日が発表した。矢島本人から降板の申し出があったという。矢島の出演は、1992年4月13日の番組放送開始から26年3カ月となる。矢島は同局を通じ、「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなったため」と降板理由を説明した。

 4月には、劇場版アニメシリーズ26作目となる『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が公開されたばかり。同月14日に都内で行われた公開記念舞台あいさつは、「しんちゃん」として愛され続けてきた矢島の人柄が、記者にとっても強く印象に残るものとなった。

 この日、矢島は、野原みさえ役のならはしみき、野原ひろし役の森川智之、ゲスト声優を務めたももいろクローバーZらと登場。一緒に登壇した着ぐるみの「しんちゃん」におなじみの声を当て、「みさえ」や「ひろし」と息ぴったりの寸劇を披露して、場内を盛り上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >