2018/06/08 12:50

鈴木砂羽「子どものときは漫画家になりたかった」 初のコミックエッセイ刊行、「“丸ごと私”みたいな本」

“漫画家モード”で登場した鈴木砂羽
“漫画家モード”で登場した鈴木砂羽

 女優の鈴木砂羽が7日、都内で自身の初コミックエッセイ『ボンちゃんがいく☆』の刊行記念サイン&握手会イベントを行った。

 ベレー帽をかぶった“漫画家モード”で登場した鈴木は、「うれしいです。子どものときは漫画家になりたかったから、それがこんな一冊になるなんて感激。どこを取っても私の本。装丁のデザインも考えさせてもらい、“丸ごと私”みたいな本ですね」と喜んだ。

 女優25周年を記念して刊行した本書は、女性マンガ誌『YOUNG YOU』(2001年~05年)、『YOU』(16年~17年)に連載してきた『いよぉ! ボンちゃん!!』『いよぉ!! ボンちゃんZ』からの選り抜きに、描き下しマンガと最新エッセイを加えた。漫画家・江口寿史氏との対談&スケッチ対決なども収録されている。

  連載当時のエピソードも披露。「友達や付き合っていた彼氏、お母さんや共演した役者さんにちょいちょい手伝ってもらっていた」と明かし、「読み応えがあるので、半身浴とかをしながらクタクタになるまで読んでほしい」とアピール。一方、細かい字が並んでいるといい、「目が疲れるんですよ。ちょっと書き込み過ぎた。言いたいことがいっぱいあったんですかね」と苦笑した。

 25年間の女優生活を振り返り、「俳優という仕事はとても好きだけど、その合間にこうして自己表現をしたり、本当にいろんなことをやってきた」と語った鈴木。「今後も舞台のプロデュースやグッズ制作など自分の面白いと思うものを作っていけたら」と意欲を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >