2017/05/22 14:48

5年目迎える東京スカイツリーの社長を直撃!「東京タワーとのコラボ予定は?」

東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリーの取締役社長、酒見重範氏/(C)藤巻 祐介
東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリーの取締役社長、酒見重範氏/(C)藤巻 祐介

東京スカイツリーは、5月22日(月)に開業5周年を迎えた。そこで今回は、同所を運営する東武タワースカイツリーの取締役社長、酒見重範氏にインタビューを敢行。これからの展望や裏話、また、もうひとつの東京のシンボル・東京タワーとのコラボ予定などを聞いてみた。

■ ――東京の新たなシンボルとして東京スカイツリーが誕生して5年。振り返っていかがですか?

ある意味あっという間でした。この5年間、事故もなく無事にやってこられたことがよかったですね。住宅街にこれだけの高い建物を、ということなので、地元の方々のご理解がなければここまで来られませんでした。

来場者数も、開業時から2700万人以上ということで、予定していた人数を大幅に上回りました。具体的にいうと、開業期の2012年5月22日から2013年3月31日までで、来場者想定は400万人でしたが、実際の来場者は545万人。世界中の方々に来ていただいたおかげです。外国からのお客さまの数も想定より多くて。現在、外国人は全体の17%くらい来ていただいており、年々増えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >