2017/06/21 17:32

「キンプリ」大ヒット!畠中祐・八代拓・菱田監督が、御礼舞台挨拶で大阪に!

劇場アニメ作品「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の香賀美タイガ役の畠中祐(左)と、十王院カケル役の八代拓(中)、監督の菱田正和(右)
劇場アニメ作品「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」の香賀美タイガ役の畠中祐(左)と、十王院カケル役の八代拓(中)、監督の菱田正和(右)

 2016年に興行収入8億円、動員数48万人を突破した人気劇場アニメ作品「キング・オブ・プリズム(キンプリ)」の、第2作劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が6月10日より公開開始し、わずか1週間で既に8万人を動員し、大ヒットとなっている。

「キング・オブ・プリズム」は、フィギュアスケートと歌、ダンスを組み合わせたプリズムショーで競い合うプリズムスタァたちの物語。臨場感あふれるライブシーンでは、観客はコスプレや声援、ペンライトで応援してOKという応援上映スタイルで楽しめるのが特徴だ。

今回大ヒット御礼として、6月17日に梅田ブルク7(大阪府大阪市)で舞台挨拶が開催され、香賀美タイガ役の畠中祐と、十王院カケル役の八代拓、そして監督の菱田正和が登場し、自身のキャラのセリフで挨拶した畠中と八代に、ファンは大きな声援と拍手で答えた。

5月20日の試写会以来大阪に来たかという質問に「週1で来ている」という畠中と「たまに来る」という八代。大阪で美味しいものを食べたかとの司会の質問に対して、試写会の際は時間がなくポップコーンを食べたと答えた畠中は、今日は美味しいものを食べると宣言。自身の役 タイガっぽく嫌そうに言って欲しいとのリクエストがあり「だから、いっぱい混ぜて焼くやつだよ」という畠中に対して、ファンは応援上映と同じく「なーにー?」と質問し、「お好み焼きだよ。言わせるなバーカ」と自身が演じるキャラクターに扮した畠中が答え、応援体制が準備万端な会場は大いに盛り上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >