2017/10/27 11:00

ゼロとイチの世界で割り切れないもの【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.9】

いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』
いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』

人の話を聞くのが好きだ。

とくに、上でも下でもいいのだが、自分とは年の離れた人の話を聞くと、それまで知ったふうに思っていたことが、じつは違うんだっていうことに気づかされたりすることがある。

僕はお酒が好きなので、飲み屋とかでたまたま近くにいた人と仲良くなって話を聞いて、ということがよくある。

人に不快感を与えず、本音を聞き出したりするのが得意なようだ。人見知りだったはずなんだが、旅に出かけたり、音楽をやったりするうちに自然に克服していたのかもしれない。

若い頃、旅に出て、そこで出会って話したりする相手は大抵年上の人だった。彼らの話に耳を傾けながら、そこに自分の興味も織り交ぜながら突っ込んだりしていく。たとえば、60〜70年代に青春を送った人であれば、学生運動とかフォーク、ベトナム戦争といったことをこちらから訊くと、すごく乗って話をしてくれる。

僕も、僕の知らない近い過去に何があったのかというのはすごく興味があるので、戦後の社会史関連の本はよく読んでいる。でも、本で得られる知識や情報はあくまで文字や写真であって、そこに体温や実感みたいなものは伴わない。だから常に、そこに書いてあることが本当かどうかというのはわからないよな、というスタンスは大切にしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >