2017/11/01 20:23

津田寛治がメガホンを執ったヒューマンドラマが知多半島映画祭で上映!!

全シーンを知多半島内で撮影した短編作品「あのまちの夫婦」
全シーンを知多半島内で撮影した短編作品「あのまちの夫婦」

2017年11月19日(日)、愛知県東海市にある「東海市芸術劇場 大ホール」で「第7回 知多半島映画祭」が行われる。このイベントは、自然やレトロな雰囲気といった知多半島の魅力的なロケーションを、映像を通して発信することを目的に行われるもの。会場では、全シーンを知多半島で撮影した短編作品や、全国から集めた5本のショートフィルムが上映される。入場料は大人1000円、学生500円、中学生以下は無料。

今回の目玉は短編作品「あのまちの夫婦」。俳優の津田寛治が監督を、渡辺哲が主演を務めるこの作品は、知多半島を舞台に物語が進行していく。もちろん心温まるヒューマンドラマに注目だが、地元の人には馴染み深いの劇場風景は、作品をより身近に感じられるだろう。また、全国から集めたショートフィルムには、旬の俳優・濱田 岳が主演を務める「Miss Fortune」や、「水戸黄門Z」「大城湯けむり狂騒曲」などタイトルだけでも興味をそそるラインナップとなっている。

当日の上映は11:00から。イベントは17:00までなので、半日をかけていろいろな作品が楽しめる。映画好きはもちろん、「何か日常に刺激がほしい!」「ステキな作品に巡り合いたい!!」と感じている人は、この映画祭に出かけてみよう。【東海ウォーカー/淺野倫孝】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >