2017/11/21 22:12

【影山貴彦のTVコラム・がんばれ関西ローカル!】生き生きと汗を流す姿に 「新陳代謝」を感じる

元毎日放送プロデューサーのTVコラム
元毎日放送プロデューサーのTVコラム

関西ローカル番組を愛してやまない人間のひとりだが、少々不満なことがしばらく続いている。「新陳代謝」が十分に行われていないのではないかと思うのだ。ベテラン出演者たちが人気番組で安定した面白さを提供し続けていることはもちろん素晴らしいことだ。だがテレビの面白さはワクワクするような新しさを提供することでもあるはずだ。 そんな新しさをまとった番組の登場が、ここ数年関西にあまり見られない。いや、その傾向は関西ローカルのみならず全国的なものでもあろう。新しい流れを作ることはこれからのテレビにおいて極めて大切なことだ。

そんな辛口なことを考えていたとき出会ったのが、「アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー」(サンテレビ)だ。2016年4月から放送されている。よしもと漫才劇場での公開収録番組で、今その観覧チケットがなかなか入手できないほどの人気ぶりだという。

レギュラー出演者のアキナ(秋山・山名)、和牛(水田・川西)、アインシュタイン(河井・稲田)の若手芸人たちが、無理難題なテーマに大喜利のような形で挑戦し、レフリー役の先輩中堅芸人が一番ウケていなかった者を判定する。不幸にして?選ばれた芸人は毎回違う罰ゲームに挑戦し笑いを取る番組だ。舞台上で生き生きと汗を流している彼らの姿がとてもいい。がんばれ、関西の若手たち!

【関西ウォーカー編集部/文=影山貴彦(同志社女子大学 教授)】(関西ウォーカー・影山貴彦)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >