2017/12/08 19:13

西郷どんの大きすぎる謎 ホンモノの顔はどれだ?

この像を見た妻イトの言葉は、顔が似ていないという意味か、それともだらしない人じゃないという意味だったか?
この像を見た妻イトの言葉は、顔が似ていないという意味か、それともだらしない人じゃないという意味だったか?

幕末には倒幕の大立者だが明治の世では大謀反人。いくつもの謎と矛盾を大きな体に内包した、西郷隆盛最大の謎。それは“顔”。たった1枚も写真を遺さなかったという西郷どんは、いったいどんな顔をしていたのだろう!?

明治政府で偉くなっても「西郷(せご)どん」と親しまれた仁徳の人、徳川幕府を震え上がらせた策謀家、鹿児島と地元の仲間を愛した温情の士、そして明治政府に叛旗を翻した賊軍の大将など、西郷隆盛のパーソナリティーはとても複雑で、その事績も功罪ともに解釈が難しく、謎が多い。

そんな西郷の謎の中でも最大のものが、彼の顔だろう。歴史に興味がない人でも名前を知っていて、「目が大きい、太っていた」といった身体的特徴のイメージは広く認知されているのに、本当の顔立ちを証明する写真は遺されていない。

え? 西郷さんの顔知ってるよ、という気がするのは、イタリアの画家キヨッソーネが精緻に描いた肖像画の刷り込みが強いからだ。ちゃんと見れば絵だとわかるが、これを修正して、もっとまつ毛パッチリ黒目ウルウルにレタッチしたバージョンのインパクトが強く、意外にこれを西郷の顔を撮った写真だと思っている人もいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >